ミャウティンと庭

忙しくても楽にメンテナンス、葉も花も楽しめる庭へ試行錯誤しています。時々猫のミャウティンも。

植えっぱなしOKな夏庭の主役!華麗な強健ユリ「トライアンファター」

こんばんは、まりもです。

 

バラやクレマチスの競演に浮かれていた庭は、しっとりと瑞々しいアジサイに包まれて

そしていよいよ本格的な夏を迎え、心待ちにしていた花のターンがやってきました!

 

 

そう、ユリの季節です!

白地に中心ピンクのバイカラーが華麗なこのユリ

数年前ホームセンターで「ユリ混合〇球」みたいな中に入っていたのを植えたので長らく品種が分からなかったのですが、すっかりうちの夏庭の顔になっているのに名前が分からないのもさみしいと思い、ついにネットで調べてみました。

多分「トライアンファター」という品種だと思われます。

triumphatorでトライアンファーター、トライアンフェターとも呼ぶようです。

うちではアナベルやノリウツギなどのアジサイの近くに植えてコラボを楽しんでいますよ。

 

ピラミッドアジサイ「サンデーフレーズ」と一緒に

 

アナベルとトライアンファター

 

背後に柏葉アジサイと

この素敵なトライアンファター、なんと勝手にもりもり増えてくれます。

最初植えたのはバラのオベリスクの左右に1球ずつだったと思うのですが

 

ちょうど4年前の庭

 

特に株分けなどはせず植えっぱなしなんですが、ずいぶん増えました。

中心のピンク色も植えた当初は濃いめの赤に近かったのが、淡く優しくなったような。

 

 

ユリはウイルス病に罹ると他の株にもうつるのが心配なので

何かおかしいなーと思ったら引っこ抜いてしまう事もあるのですが

トライアンファターは病気に強い品種なのか、多分今まで引っこ抜かれた事はないです。

オベリスクの右側にはもうだいぶ群生してきて

 

スカシユリ「ハートストリングス」と

・・・密ですね!

病気じゃなくても、そろそろ引っこ抜かないといけないのかもしれません。

でももったいなくてできない…。

 

 

瑞々しい球根植物が好きなのですが、ユリやスイセンは植えっぱなしで楽しめるのがありがたい。

中でもトライアンファターは丈夫で華麗、そのうえ良く増える(*'ω'*)

 

 

一度植えてしまえば、倒れそうな所には支柱を立てたりもしますが、基本ほったらかしでOK。

ローメンテナンスなのに豪華で夏庭の主役になってくれる強健なユリ「トライアンファター」でした!

 

 

ちなみにピンクの複色ではない「ホワイトトライアンファター」もあるようです。

白一色のこちらも素敵ですね!

 

 

蒸し暑い夜。

家の中ではミャウティンが珍しい場所でのびてました。

 

 

最近家の中でも思いがけない所にいることが多いです。

暑さやクーラーの風を避けたいのかな?

猫も人間もしっかり寝て猛暑の夏を乗り切りたいですね!

 

最後までお読みいただきありがとうございます

ガーデニングと猫