ミャウティンと庭

忙しくても楽にメンテナンス、葉も花も楽しめる庭へ試行錯誤しています。時々猫のミャウティンも。

碁石海岸「ごいし荘別邸海さんぽ」は海鮮会席料理が豪華!ウニとヤマユリ、大船渡の旅

こんばんは、まりもです。

 

我が家の短い夏休み。

千葉ロッテ佐々木朗希くんの母校もある岩手の大船渡へ行ってきました。

金曜日、大人は午前中仕事を終えてから

子供は15時まで塾のゼミをがんばってから出発の弾丸ツアーです!

 

今回の宿は大船渡碁石海岸にある「ごいし荘別邸海さんぽ」

碁石のような黒い小石で敷き詰められた珍しい浜、碁石浜の目の前にあります。

 

 

こちらの宿の自慢は三陸沖の新鮮な海の幸を使った会席料理です。

今回はアワビかフカヒレの姿煮を選べるプラン「海風」

フカヒレのほうをチョイスしました。

 

 

前菜は 鯛南蛮漬け、甘えび、北寄貝、炙り穴子、赤西貝ツボ煮、ホヤ酢

 

 

サラダ海老にはキャビアものってます!

カワハギのサーモン巻きも美味しい。

 

お造りはカニ、鯛、カツオ、海老、生ウニ

今の季節は何といっても生ウニが美味しいです!

変なクセがなく、ふだんあまりウニが得意でない子供もぺろりと食べちゃいました。

カツオもびっくりするくらい美味しかったですよ。

 

フカヒレの姿煮も立派でした。

ちゃんと固形?のフカヒレを食べるなんて久しぶりです、頼んで良かった!

海老の塩焼き

 

海鮮陶板鍋

 

このほかに海老と鯵、お野菜の天麩羅とふ海苔のお椀、浅利と干し海老のご飯は写し忘れてしまいました💦

デザートはベリーのソースが添えられたアイスクリームと桃

 

新鮮で美味しい海鮮料理に大満足でしたが、朝食も良かったです。

唐揚げは「イシモチ」という魚

あっさりした白身で食べやすかったです。

そしてイクラが食べ放題!

たっぷりかけちゃいました(^^♪

 

碁石浜を散策したあと、碁石岬の展望台へ

散策路の途中にある、碁石埼灯台

展望台からの眺め

遊歩道を下っていきます。

道のわきに、珍しい花が咲いていました。

オオナンバンギセルというそうです。

ススキの根に寄生して咲く植物なのだそうです!

群生してると、ちょっとブキミ可愛い感じですかね?

 

そしてヤマユリがちょうど見ごろを迎えていました。

一本の枝にたくさんの花

海を背景に集まって咲く姿は見事です!

良い季節に来たー!!

 

碁石海岸を代表する奇岩、穴通磯

 

このあと道に迷いながら着いた吉浜海水浴場は、残念ながら今年は海開きしていませんでした。

 

そして北上して釜石でランチと買い物をした後、今回の旅のもう一つのお楽しみへ

 

釜石道を車で花巻市東和町へ

東和ICからすぐの東和温泉で汗を流します。

掛流しの源泉と炭酸泉が気持ちいい!

素敵なビオガーデンがありゆっくり見たかったのですが、先を急ぐのでまたの機会にです。

 

急いだ訳は、3年ぶりに開催される東和町田瀬湖湖水まつりの

水・空中花火大会

駐車場から会場まで900mの道、入り口で1人ずつ検温がありました。新型コロナ対策のため、出店の出店や飲食スペースはなしとの事。

セミの鳴き声と湖の景色を楽しみながら歩きます。

会場の湖に面した芝生の斜面は、思いのほかのんびり、広々していました!

 

今回初めて来てみたのですが、花火大会というか、まるでキャンプやピクニックの延長みたい。レジャーシートをいっぱいに広げて寝転んでも、全然余裕です。

こんなのんびりとできる花火大会はじめてです・・!

花火を待つ親子

 

待っている間の、湖の景色がもう最高

 

いよいよ近づいてきました・・!

 

逆ニコちゃん

湖面から打ち上げる水上花火と、空中花火

一番好きなのはこれだったりします

落ちてくる火花は、映画「君の名は。」のすい星みたい

久しぶりに打ち上げ花火を満喫しました。

ダイヤの形みたいにキラキラの火花だったり、七色の火花だったり、花火の世界も知らないうちに進化しているんですね!

 

帰宅して一夜明けて、盆地の我が家は灼熱です。35℃だそうです。

母と留守番してたミャウティン、こんな日はちゅーるアイスがいいですね。

食べ進める勢いがいつもの倍くらいです。

暑い日はやっぱりアイスですね、

うまうま(*'ω'*)