ミャウティンと庭

忙しくても楽にメンテナンス、葉も花も楽しめる庭へ試行錯誤しています。時々猫のミャウティンも。

花付きの良いバラ「ステファニーグッテンベルグ」とクレマチス「アフロディーテエレガフミナ」

こんばんは、まりもです。

 

鉢植えのバラ「ステファニーグッテンベルグ」が満開になりました!

株いっぱいにふんわりとした花を咲かせてくれる、魅力いっぱいのバラです。

つぼみから咲き進むにつれて、雰囲気が変わっていく様子をお伝えしたいと思います。

 

2週間前のステファニーグッテンベルグ

 

白いバラなのですが、咲きはじめはピンク色が濃いめに出ています。

きゅっと締まったたくさんのつぼみがわくわくさせてくれます!

 

9日前

 

つぼみがほころんできました。

ふんわりと、白とピンクのグラデーション

 


こちらはピンク色おおめのお花

 

 

深い赤色が美しいイングリッシュローズ「ダーシーバッセル」との組み合わせ。

お妃様とお姫様な感じですかね?

 

 

1週間前

 

咲き進んで、花びらが広がってきていますね。

 

5日前

 

さらに咲き進んで、ふわふわのお花が株いっぱいに広がってきました!

 

 

透明感があってほかの草花との組み合わせも可愛いです。

 

今日のステファニーグッテンベルグ

 

さらに咲き進んで色が変わり、アイボリーや白のお花になっています。

 

 

ステファニーグッテンベルグ×ダーシーバッセル

 

 

ほんのりピンク色のお姫様が、凛とした清楚な白バラになりました。

開きかけから満開まで、それぞれに魅力的なステファニーグッテンベルグ

秋になっても枝が伸びすぎず、コンパクトで育てやすいバラです。

 

 

クレマチスの方も、花付きの良い品種「アフロディーテエレガフミナ」が咲き進んできました。

 

 

青紫色のクレマチスが「アフロディーテエレガフミナ」

白い花は「プリンセスケイト」です。

 

アフロディーテエレガフミナはシックな深い色合いや花びらの質感がキレイ

たくさんの花を付け、秋までよく返り咲いてくれるありがたいクレマチスです。

絡みつかず、伸びすぎないタイプなので誘引も楽ちんです。

 

 

大好きなアフロディーテエレガフミナについてまとめた過去記事はこちらです

 

 

myautin.com

 

 

また、過去記事のバラ「ボレロ」についてご質問いただきました。

ボレロについてはまた近日中に書いてみたいと思いますので、もうしばらくお待ちください!過去の記事も読んでいただいているのだなぁと、嬉しくありがたいです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

ガーデニング