ミャウティンと庭

忙しくても楽にメンテナンス、葉も花も楽しめる庭へ試行錯誤しています。時々猫のミャウティンも。

謎の声の主は、夏の季語

こんばんは、まりもです。

 

2週間前の朝です、近所で大音量の鳥のさえずりが始まりました。

川のほうから聞こえます。

 

「チョチョピ、チョチョピ、チチチチ・・」

「チョチョピ、チョチョピ、チチチチチ・・」

うるさいくらいの鳴き声で、1日中エンドレスのリピートなんです。

 

その日夕方に帰ってきた家族も気になったらしく、

帰ってくるなり

「あのパパチ、パパチ、て何の鳥?」

と聞いてきました。

人によって音の表現が違うのも面白い(^^♪

確かにパパチと言われればパパチとも聞こえます。

 

その時気になってスマホで調べてみましたが、

「チョチョピ」でも「パパチ」でもそれらしい鳥は見つかりませんでした・・。

 

今日自分が仕事から帰宅すると、ベランダ出たい、猫草食べたい、

とアピールするミャウティン。

 

 

夕方の猫草タイムです。

 

 

また、大音量のさえずりが聞こえてきます。

なんだか2週間前より声が枯れたのかな・・?

パパチ、と澄んでいた鳴き声が、今は濁って

「ガガチ、ガガチ、ジジジジー」

「ギョギョチ、ギョギョチ、ジジジジー」

と聞こえます。

 

 

ミャウティンも大きな鳴き声が気になります。

 

「ギョギョチ」でもう一度検索してみると、出ました!

「サントリーの愛鳥活動」というサイトでさえずりを確認できます。

声の主は、「オオヨシキリ」という鳥でした。

夏の渡り鳥、一夫多妻制で鳴き声で縄張りを主張しているんだそうです。お嫁さんをもらえるかどうかがかかってるから、一生懸命なんですね!

 

 

「行々子(ギョギョシ)口から先に生まれたか」

by 小林一茶、オオヨシキリの鳴き声 行々子は夏の季語なのだそうです。

 

うちではアジサイもまだこれからだけど、俳句の世界ではもう夏なんですね!

 


庭のアーチに絡ませたハニーサックルから甘い香りが漂っています。

夏になると灼熱になるベランダ、過ごしやすいのは今のうちかな?

 

最後までお読みいただきありがとうございます!